MENU
アーカイブ

タイヤ交換の方法|マサダ製/油圧式ジャッキでらくらく交換

目次

はじめに

車を所有している人にとってタイヤ交換は身近な存在だと思うのですが、僕の周りには自分ではやらないという人が結構います。

こんにちは、ハスムです。

ただ、本当は自分でやってみたいと思っている人もいるんですよね。

そこで、今回はにでも出来る簡単で正しいタイヤ交換方法について解説していきたいと思います。

用意する物

まずはタイヤ交換に必要なものを用意します。

右上から順に...

①ジャッキ
②トルクレンチ
③クロスレンチ
④馬(リジットラック)
⑤クッションシート

全部で5つです。

ハスム

使用工具の詳細は後半部分で紹介しています

作業手順

今回は、ノーマルタイヤからスタッドレスタイヤに交換する作業です。

それでは順番に作業を紹介していきます。

作業手順

1.ホイールナットを緩める
2.ジャッキアップ
3.ホイールナットを外す
4.タイヤの入れ替え
5.ホイールナットの仮締め
6.ジャッキダウン
7.本締め

1.ホイールナットを緩める

まず、車を軽くジャッキアップします。
(タイヤが浮かない程度)

ジャッキポイントにジャッキのサドル(受け部分)を合わせ、ジャッキを上げます。

次に、クロスレンチでホイールナットを軽く緩めていきます。

この時、必ず星形になる順番めます。

ジャッキアップ後だとホイールも一緒に回ってしまうので、必ず着地している段階で軽く緩めておきます。

2.ジャッキアップ

ジャッキを上げていきます。

馬をかけるため、それが車体の下に入る高さまで上げます。

馬をセットしたら、ジャッキを少し下げてジャッキポイントを馬のサドルに乗せます。

馬に乗せたあともジャッキは下げずに、ジャッキと馬の2点で支えている状態にします。
この時、タイヤは少し浮いている高さがベストです。(上げすぎ注意)

3.ホイールナットを外す

クロスレンチを使い、ナットを外していきます。

外していく過程でタイヤの下側が手前に傾いてくるので、足でタイヤ抑えながら作業します。

最後のナットを外す時はホイールが不安定になっているので、途中から手で外していきます。

車載のレンチでも交換できますが、クロスレンチを使用した方が圧倒的に速いです!

4.タイヤの入れ替え

ナットを外した流れで、タイヤも外していきます。

水平意識しながら手前引っ張り出すと上手くいきます。

タイヤを取り付ける時も水平に入れ込むようにしますが、ある程度入れ込めたあとは傾けたほうが取り付けやすいです。

文章で説明するのが難しいのですが、画像を見てもらえると少し傾いているのが分かると思います。

5.ホイールナットの仮締め

タイヤを取り付けた流れで、ナットを手で軽く回して留めていきます。

この時も、足でタイヤの下側を抑えるのがベターです。

全て留めたら、ある程度のセンターを出しつつクロスレンチで締めていきます。

締める時も星形になる順番で行います。

仮締めなので、軽めに『ギュッ』と締める程度でOKです。

6.ジャッキダウン

ジャッキを下げるため、まずジャッキを上げます。

ちょっとややこしいですが、馬を撤去するためには少々ジャッキアップする必要があります。

馬を撤去したらジャッキを下げます。

ここは慎重に行います。

ジャッキには数百キロの重さが掛かっているので、ちょっと油圧を抜いたつもりでも『ドスン』と車体が着地するほどの勢いでジャッキが下がることがあります。
安全に配慮し、油圧を抜くときは少しずつゆっくり抜くことが大切です。

7.本締め

最後に、トルクレンチで本締めをします。

締める前にトルクレンチの締め付けトルクをセッティングします。

トヨタ車の規定トルクは103Nmなので、トルクレンチもその数値にセットしました。

締め付ける時は、例によって星形になる順で締めていきます。

規定トルクに達すると、ナットが回らなくなります。

この時、『カチン』という音がするので分かりやすいです。

HASM

気分的にも上がる音なので、僕はこの作業が好きです(^^)

全てのナットを締め終えたら次のタイヤに移ります。
1~7の工程を4本分行ったら作業完了です。

使用工具・資材の紹介

今回の作業で使用した工具や資材の紹介です。

①ジャッキ

車載ジャッキ等の手回しタイプと油圧式ジャッキを比較した場合、最低でも2~3倍は交換が速くなりますので、僕は油圧式をおすすめします!特にこのマサダ製のジャッキは日本製だけあって高品質です。中国製と比較して圧倒的にオイルも漏れにくく非常におすすめです。

②トルクレンチ

タイヤホイールの場合、ただ締めれば良いというわけではなく、規定された締め付けトルクで締める必要があります。

締め付けトルクとは

ねじりの強さを示すもので、主にNm(ニュートンメートル)という単位で表されます。

ハスム

僕は断然トーニチ製のトルクレンチ(QL140N-MH)をおすすめします!

トーニチ(東日製作所)は、国内のトルクレンチシェア70%を誇るトップブランドです。(海外でもシェア30%)その実力は『トルクレンチといえばトーニチ』と言われるほどで、カタログに記載されている物だけでも約1800種類のトルクレンチを扱っています!高品質なのはもちろん、国産メーカーの中では安価なところも魅力の1つです。

『高品質なのは分かったけど出来る限り安く済ませたい』という方もいると思います。

そんな方には、Samuriding(サムライディング) のトルクレンチがおすすめです!

台湾製なのでそれなりに品質も担保されていますし、3種類薄口ロングソケットエクステンションバーセットになっている点も魅力的です。

③クロスレンチ(十字レンチ)

車載道具のレンチでも作業は出来ますが、作業性格段アップするので持っておくべきです。
そしてこのスパーダという製品は1本になるので持ち運びやすく収納も楽ちんです!

社外品ホイールを履いている方へ

スパーダには9.5角のドライブ付きタイプもあります。
その場合、薄口のロングソケットを挿して使用できるので、ナットホールの狭い社外品ホイールでも傷付けずに作業することができます。

\ 超おすすめ! /

ハスム

僕はこの角ドライブ付きを使用しています。おすすめです!

④馬(リジットラック)

これが無くても作業自体はできるのですが、万が一ジャッキが下がったり外れてしまった時でも安全が担保されます。タイヤ交換の場合は背の低い馬が良いので、そういう意味でもこの製品はおすすめです!

⑤クッションシート

\ 超おすすめ! /

アストロプロダクツ(AP)
¥869 (2024/06/12 20:16時点 | Amazon調べ)

タイヤ交換とは直接関係ないアイテムですが、あったほうが断然イイです。
というのも、膝を付いても『汚れない・痛くない』というのはかなり快適で、一度使ってしまったらもうクッションシート無しには戻れないと思います!

HASM

アストロの製品はコスパが高いのでおすすめです!

⑥エクステンションバー

トルクレンチに取り付けて使用します。タイヤ交換の場合、トルクレンチ単体だと工具が干渉してしまうため、これを取り付けることでクリアランスを確保します。

⑦薄口ソケット

こちらもトルクレンチに取り付けて使用します。薄口で保護カバーも付いており、価格と品質のバランスが良い製品です。純正ホイールが21mmナットで社外ホイールが19mmナットを使っているため2種類所持していますが、人によっては1種類でOKです。

⑧トルクレンチケース

トルクレンチやソケット類を収納するバッグとして使用しています。
コンパクトで車載するにも良いサイズです。

おわりに

今回は誰にでも出来る簡単で正しいタイヤ交換の方法について解説しました。

最初は慣れないことばかりで大変かもしれませんが(タイヤとか結構重いですし、、、)慣れてくれば30分程度で交換できるようになると思います。

是非、取り組んでみてください!

使用工具については、予算の都合や趣向が合わない等あるかと思いますが、クッションシートだけは絶対に使用して下さいね!笑

動画もありますので、そちらも参考にしてみて下さい。

それでは今回はこのへんで。

最後までご覧頂きありがとうございました(o_ _)o))

またお会いしましょう!

動画はこちら👇

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次