MENU
アーカイブ

シートヒーター取り付け|ダイハツ|ミライース

目次

はじめに

こんにちは、ハスムです。

今回の記事はシートヒーターの取り付けになります。

ハスム

車種はダイハツのミライースです

トヨタ車とダイハツ車はスイッチが共通なので、昨年プリウスαに取り付けたものと同じトヨタ車用のシートヒーターを取り付けます。

プリウスαの記事はこちら

シートヒーターの基礎知識や取り付けるメリットを確認したい方は下の記事からどうぞ!

事前準備

シートヒーターをよりスムーズに取り付けるため、予めやっておくべき作業があります。

事前準備

1.車の確認
2.配線の加工と延長

1.車の確認

電源の位置、配線の取り回し、シートの脱着方法等を確認しておきます。

特にシートを固定している締結具は、車種によってはトルクスだったりするので、手持ちの工具で取り外し可能か見ておく必要があります。

ハスム

ミライースは、T40のボルトで留まっていました

2.配線の加工と延長

シートヒーターのハーネスは最低限の長さしかないため、延長したり分岐させる必要があります。

また、当日の作業をスムーズにするために端子等を予め取り付けておきます。

主電源と運転席側のコードを分岐・延長しました。

スプライス端子でカシメてから熱収縮チューブで絶縁しています。

ヒーターと繋がるコードは届きそうだったので延長しませんでしたが、車種によっては延長が必要になります。

配線図は下記の通りです。

取り付け作業

ここから、メインの作業になります。

作業手順

1.シートの取り外し
2.配線
3.ヒーターの取り付け
4.シートの取り付け

1.シートの取り外し

まずはシートレールのボルトを外します。

(4ヶ所×2脚)

シートを車外に持ち出し、屋内に運び入れたら完了です。

座席下にはセンサー用のコネクターが繋がっているため、それを抜いてからシートを持ち出します。

2.配線

車内が広くなったところで、配線作業です。

まずはスイッチを取り付けます。

センターパネルをはずし、目くらカバー換装します。

次に、スイッチの電源をヒューズボックスから取ります。

ヒューズボックスはグローブボックスをはずした奥にあります。

エーモンの低背ヒューズ電源を使い、ACC電源を取りました。

その後、ヒーター用のコネクターを座席下まで取り回します。

スカッフプレートとキックパネルを外し、そこに配線してコードが見えないようにしました。

運転席側の配線は、ペダルやシャフトの裏側を通して安全を担保しています。

最後に、バッテリーから主電源を取ります。

エンジンルーム側からグロメット脇にカッターで切り込みを入れ、そこからコードを通しました。

この際、配線通し必要になります。

配線通し等の使用工具については後半部分で紹介しています

ボディーアースは適当な場所のボルトに共締めしました。

配線が終わったらACCをオンにして、スイッチが通電しているか確認します。

通電が確認できたら、内張りを元に戻します。

これで配線作業は完了です。

3.ヒーターパッドの取り付け

シートにヒーターパッドを取り付ける作業です。

まずは、シートの生地を剥がします。

樹脂部分はほとんど外さずにシートを剥がすことができる作りになっていました。

リムーバーを使って留め具を解除しつつ、シート生地をめくっていきます。

ただし、中のウレタンとシート生地が固定されているので、すんなり剥がすことはできません。

こんな感じで金属製のリングで留まっています。

これをラジオペンチとリムーバーを使って外していきます。

ラジオペンチでリングを挟みつつ、リムーバーでこじって抜き取りました。

リングを取り除いたら、ヒーターバッドの仮合わせをし、部分的にパッドをカットします。

ウレタンと生地を固定するためには、パッドにスリットを入れる必要があります。

スリットに固定用の棒を通し、結束バンドで固定します

固定できたら、離型紙を剥がしながらパッドを座面に貼り合わせます。

コードは予め裏側に出しておきます。

背もたれ側はリングで固定されていないため、そのまま貼っていきます。

ただ、長さが収まりきらないため、カットしてから貼りました。

ハスム

両面テープ付きなのでサクッと貼り付けられます!

あとは剥がした時と逆の手順でシート生地を戻して固定すれば完了です。

パッドが薄いので、見た目は何も変わりません。

ハスム

座り心地も変化なしです!

4.シートの取り付け

後部座席からシートを搬入し、外した時と逆の手順でシートを固定します。

ヒーターとハーネスのコネクターを接続します。

座席下にあるセンサーのコネクターも接続します。

最後に試運転をします。

問題なく温かくなったので、作業完了です。

使用工具・資材の紹介

今回の作業で使用した工具や資材の紹介です。

現在はアマゾンの販売者が撤退してしまい、購入できません。
そのため僕自身がpaypayフリマにて直接販売をしています。

アストロプロダクツ
¥539 (2023/11/30 13:03時点 | Amazon調べ)
オーム(OHM)
¥328 (2022/03/19 10:17時点 | Amazon調べ)

おわりに

今回はダイハツ・ミライースにシートヒーターを取り付けるという記事でした。

3回目ということもありスムーズにできましたが、それでも約5時間の作業でした。

初めて取り付けるという方は、2日間の予定で取り掛かるのが無難だと思います。

ちょっと大変ですが、取り付けるだけの価値はありますので、是非挑戦してみて下さい!

動画もありますので、そちらも参考にしてもらえたらと思います。

というわけで、今回は以上です。

最後までご覧頂きありがとうございました(o_ _)o))

またお会いしましょう!

動画はこちら👇

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次